【個展】森村泰昌「エゴオブスクラ東京2020―さまよえるニッポンの私」原美術館

森村泰昌:エゴオブスクラ東京2020―さまよえるニッポンの私

森村泰昌さんの個展「エゴオブスクラ東京2020―さまよえるニッポンの私」に伺いました。
会場は原美術館です。

原美術館

森村泰昌さんは、自らが名画や映画の登場人物、歴史上の人物に扮するセルフポートレイト作品で知られます。巧みなメイクや衣装で、時代や人種、性別を超えて様々な人物に自らが成り代わり、制作を通して原作やその背景に独自の解釈を加えてきました。

森村泰昌《”エゴ・オブスクラ”の部屋 2018-2020》2018-2020年

森村泰昌《鏡を持つ自画像》1994

展示風景

森村泰昌《モデルヌ・オランピア 2018》2018年

森村泰昌《肖像(双子)》1988-90 年

森村泰昌《劇場》2020年

森村泰昌《”オランピア“の部屋》1988-2018年

展示風景

左:森村泰昌《駒場のマリリンのための衣装》1995年
右:森村泰昌《烈火の季節のための衣装》2006年

森村泰昌《なにものかへのレクイエム(MISHIMA 1970.11.25-2006.4.6)》1970年

展示風景

約50分の映像作品「エゴオブスクラ」では、本展覧会への理解が深まる内容です。
「さまよえる日本の私」とは何か?について、強いメッセージが込められている森村泰昌さんらしい展覧会でした。

概要

森村泰昌
エゴオブスクラ東京2020―さまよえるニッポンの私

会場:原美術館
会期:2020年1月25日(土)〜6月7日(日)
時間: 11:00~17:00(祝除く水~20:00) ※入館は閉館30分前まで

created by Rinker
光文社
¥1,650 (2020/05/25 10:46:57時点 Amazon調べ-詳細)