Bur@rt

ぶらっとアート ~β版~ all you need is art

【個展】上海で開催〜松山智一「WESTBUND 2019」KOTARO NUKAGA

2019-11-13

松山智一「WESTBUND 2019」

上海で開催された国際的なアートフェア「West Bund Art & Design」に伺いました。
出展していたギャラリーKOTARO NUKAGAでは、国際的なアーティスト松山智一さんの作品が個展形式で展示されていました。

West Bund Art & Design 「 KOTARO NUKAGA」ブース

松山智一さんはニューヨーク在住の日本人アーティスト。
ファッション誌のモデルやインテリア、日本の伝統絵画や西洋の近代絵画からの引用など、モチーフとするものにオリジナリティは無い一方で、ひと目見て松山作品と認識することの出来る独特の作品を発表しています。
オリジナリティを「引用」・「編集」することで、新たなオリジナリティを生み出すということです。

展示風景

特徴的な作品タイトルは、楽曲の歌詞から抜き取ったものをそのまま作品に当てているように付けられているそうです。

松山智一《Wanderlust Innocence》 Acrylic and mixed media on canvas 2019年 261.6×185.4cm
松山智一《New Life Bonus Track》 Acrylic and mixed media on canvas 2019年 254.0×170.2cm
松山智一《Honey Holds Charm Blessings》 Acrylic and mixed media on canvas 2019年 137,2cm diameter
松山智一《Close Hand Rules Begin》 Acrylic and mixed media on canvas 2019年 137,2cm diameter
松山智一《Put Off Behind The Mask》 Acrylic and mixed media on canvas 2019年 254.0 x 185.4 cm
松山智一《Sing It Again Sweet Sunshine》 Acrylic and mixed media on canvas 2019年 254.0 x 194.3 cm
展示風景
松山智一《Swell Being Yourself》 Acrylic and mixed media on canvas 2019年 261.5×185.5cm
松山智一《Daylight In My Place》 Acrylic and mixed media on canvas 2019年 254.0×185.4cm
展示風景
松山智一《The Peak Shine Dawn》Acrylic and mixed media on canvas 2019年 213.4×152.4cm
松山智一《Rivals Treble Trouble》Acrylic and mixed media on canvas 2019年 213.4×152.4cm
手前:松山智一《This is What It Feels Like》 FRP,wood,polyurethane and acrylic paint 2019年78.7×119.4×83.8cm
瞳はクリスタル製で光っていました。
アクリル絵の具での手彩色です。
後:松山智一《Mild Rivers My Generations》 Acrylic and mixed media on canvas 2019年 152.4cm diameter
展示風景

作品はほぼ完売。大型作品は800万円、彫刻作品は1500万円ほどの価格感です。数年前よりかなり値上がりしている印象です。下写真の最も小さな作品でも150万円ほどの価格です。

情熱大陸で放映されて以降、問い合わせが多く寄せられているようで、購入者の多くは日本人だったとのお話し(ギャラリスト談)。

会場では、来場者の注目を集め、スマートフォンで写真を撮る来場者が多く見られました。特に若い女性からの注目を集めていたように思います。

松山さんとしては珍しい立体作品を真ん中に、抽象・具象の大型ペインティングで構成された本展は、素晴らしい鑑賞空間でした。
現在、東京・新宿駅という公共空間で、彫刻作品の制作が進行中とのことです。こちらも楽しみですね。

Shinjuku Station Public Art, Tokyo (2020)
316ピースのステンレスを組み合わせた高さ8mに及ぶ彫刻が、花模様で彩られた地面の上に出現する予定。
今回は、ビジネスマンや観光客で混雑する新宿駅に、自然と季節感を大切にする日本の伝統的な「花鳥風月」の美意識を組み合わせるという。
「東京2020オリンピック・パラリンピック」の年に公開されるこのインスタレーションは、東京の新たなランドマークとなるだろう。

概要

West Bund Art & Design 2019

会場:West Bund Art Center (西岸芸術中心)
会期:2019年11月7日〜10日
・11月7日 (木) 12:00〜20:00 Private View(招待)
・11月8日 (金) 11:00〜12:00 Private View(招待)・12:00〜19:00 Public View(一般)
・11月9日 (土) 10:00〜19:00 Public View(一般)
・11月10日 (日) 10:00〜19:00 Public View(一般)
時間:10:00〜19:00(7日12:00~20:00・8日11:00~12:00はVIP)
料金:一般 160元(当日券)

created by Rinker
¥5,060 (2019/12/05 12:07:06時点 Amazon調べ-詳細)

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
Translate »