Bur@rt

ぶらっとアート ~β版~ all you need is art

【藝祭2019】日本画科を超越する〜髙橋健太「日本画科3年生展」絵画棟4階

藝祭2019

藝祭2019で最も気になった作家の1人が日本画科3年生の髙橋健太さんでした。

東京藝大上野校舎、絵画棟4Fでは美術学部絵画科日本画専攻の3年生の展示がありました。

いわゆる「院展」のような作品がたくさん並ぶ空間でした。
現代アート好きには正直、居心地が良くない空間です・・・。

髙橋健太 Kenta Takahashi

そんな空間に一際目を引く作品が並んでいました。髙橋健太さんの作品です。

髙橋健太さんの出品は3作品でした。

モチーフ、色彩、構図、サイズ・・・など、明らかに周囲の作品と異なる作品です。

髙橋さんは日本的な文化に注目していて、ミニマリスト的な思考を持って、ポートレート作品のような作品を制作しています。作品はPC上で下絵を描くことからはじめるそうです。

髙橋健太《woman》1303mm×894mm
麻紙、岩絵の具 2019年

油絵の具やアクリル絵の具を使った制作も考えているようですが、岩絵の具の素材感がデジタルのドットにも重なるイメージを持っていて、自身のコンセプトメイクにも繋がっているです。

髙橋健太《man》
高橋健太《city(blue)》300mm×600mm
  ​雲肌麻紙、岩絵の具、銀箔、ラッカー 2019年

若くて抜きん出た才能に出会うと、心が躍ります。

まだまだ作品数を重ねて、自分のスタイルを固め、どんどん伸びて行って欲しいと思います。
出る杭が、もっとはみ出して、私たちに芸術を楽しませてくれることを願っています。

概要

藝祭2019

会期:2019年9月6日〜9月8日
会場:東京藝術大学上野校 絵画棟4階

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
Translate »