Bur@rt

ぶらっとアート ~β版~ all you need is art

【News】珠玉の作品が来日 !「ハマスホイとデンマーク絵画」東京都美術館

2019-11-04

ハマスホイとデンマーク絵画

北欧の柔らかな光が射し込む静まり返った室内――開け放たれた扉、控えめで上品な家具調度、後ろ向きの女性――。

描かれているのは、画家の自宅の居間や寝室ですが、生活の痕跡は慎重に消し去られており、音と光が閉じ込められた静謐な世界では、時の流れも止まっているかのようです。17世紀オランダ風俗画の影響が認められることから “北欧のフェルメール” とも呼ばれるデンマークの画家ヴィルヘルム・ハマスホイ(1864-1916)の作品は、西洋美術の古典を想起させる空気を纏いつつ、近代の都市生活者特有の、ある種の郷愁を感じさせます。

ハマスホイが活動したのは、西洋美術が華々しく展開した1900年前後の十数年間でした。印象派に続いてポスト印象派が登場し、象徴主義、キュビスム、表現主義など新しい芸術が次々に生まれました。そうしたメインストリームの “喧噪” から離れて、ハマスホイは独自の絵画を追求し、古いアパートや古い街並み、古い家具など、時間が降り積もった場所やモティーフを静かに描き続けました。きらびやかな世紀末美術の中で、寡黙なハマスホイの作品はひときわ異彩を放っています。没後、一時は時代遅れの画家と見なされ、忘れられたハマスホイ。その美しく調和した色彩と繊細な光の描写、ミニマルな構成は、画家の慎み深さと、洗練されたモダンな感性を示しています。

欧米の主要な美術館が続々と作品をコレクションに加えるなど、近年、ハマスホイの評価は世界的に高まり続けています。日本でも2008年にはじめての展覧会が開催され、それまでほぼ無名の画家だったにもかかわらず、多くの美術ファンを魅了しました。

静かなる衝撃から10年余り。日本ではじめての本格的な紹介となる19世紀デンマークの名画とともに、ハマスホイの珠玉の作品が再び来日します。

ヴィルヘルム・ハマスホイ 《室内》 1898年 スウェーデン国立美術館蔵 Nationalmuseum, Stockholm / Photo: Nationalmuseum

展覧会のみどころ

本展の見所は次の3点が挙げられます。

1)ハマスホイ作品約40点が集結

2008年の展覧会から10年余り――美術ファン待望のハマスホイ作品が再び日本に集結。
日本初公開の作品もふくめ、“北欧のフェルメール” とも呼ばれるその魅力を紹介します。
19世紀デンマーク美術の流れのなかで作品をとらえることで、ハマスホイという特異な才能の新たな一面をご覧いただけるでしょう。

2)日本初の本格的デンマーク絵画展

欧美術の中心地、コペンハーゲンで19世紀前半に華開いた、“デンマーク絵画の黄金期” と呼ばれる時代の素朴で純粋な絵画から、印象派風の光の描写を取り入れたスケーイン派の美しい作品、世紀末の首都で活躍した画家たちを特徴づける室内画まで、魅力あふれるデンマーク絵画を日本で初めて本格的に紹介します。

3)デンマーク文化“ヒュゲ”に触れる

19世紀末デンマークの画家たちが描き出した北欧の美しい自然やそこで暮らす人々、プライベートな空間でくつろぐ家族など“何気ない日常に隠れたささやかな幸福” のイメージには、デンマーク人が大切にしている価値観 “ヒュゲ(hygge:くつろいだ、心地よい雰囲気)” が息づいています。
幸福の国が生んだ、珠玉の絵画を堪能ください。

ヴィルヘルム・ハマスホイ 《カード・テーブルと鉢植えのある室内、ブレズゲーゼ25番地》
1910〜11年 マルムー美術館蔵 Malmö Art Museum, Sweden
ヴィルヘルム・ハマスホイ 《寝室》 1896年 ユーテボリ美術館蔵
Gothenburg Museum of Art, Sweden  Photo: Hossein Sehatlou
ヴィルヘルム・ハマスホイ 《ピアノを弾く妻イーダのいる室内》 1910年  国立西洋美術館蔵 (東京展のみ出品)
ヴィルヘルム・ハマスホイ 《背を向けた若い女性のいる室内》 1903-04年 ラナス美術館蔵 © Photo: Randers Kunstmuseum
ヴィルヘルム・ハマスホイ 《画家と妻の肖像、パリ》 1892年 デーヴィズ・コレクション蔵 The David Collection, Copenhagen
ヴィルヘルム・ハマスホイ 《若いブナの森、フレズレクスヴェアク》 1904年 デーヴィズ・コレクション蔵 The David Collection, Copenhagen
ヴィルヘルム・ハマスホイ 《農場の家屋、レスネス》 1900年 デーヴィズ・コレクション蔵  The David Collection, Copenhagen
ヴィルヘルム・ハマスホイ 《室内―開いた扉、ストランゲーゼ30番地》 1905年 デーヴィズ・コレクション蔵 The David Collection, Copenhagen
ピーザ・スィヴェリーン・クロイア 《スケーイン南海岸の夏の夕べ-アナ・アンガとマリーイ・クロイア》 1893年
ヒアシュプロング・コレクション蔵 ©The Hirschsprung Collection
クレステン・クプゲ 《パン屋の傍の中庭、カステレズ》 1832年頃 ニュー・カールスベア彫刻美術館蔵 Ny Carlsberg Glyptotek, Copenhagen / © Photo: Ole Haupt
ピーダ・イルステズ 《ピアノに向かう少女》 1897年 アロス・オーフース美術館蔵 ARoS Arhus Kunstmuseum / ©Photo: Ole Hein Pedersen
ヴィゴ・ヨハンスン 《春の草花を描く子供たち》 1894年 スケーイン美術館蔵
Art Museums of Skagen
ヴィゴ・ヨハンスン 《きよしこの夜》 1891年 ヒアシュプロング・コレクション蔵 ©The Hirschsprung Collection

写真画像で見るだけでゾワゾワとした感覚に襲われます。
2020年の幕開けに相応しい待望の展覧会です。期待して待ちたいと思います!

概要

ハマスホイとデンマーク絵画

会場:東京都美術館
会期:2020年1月21日(火)~3月26日(木)
休館日:月曜日、2月25日(火) ※ただし、2月24日(月・休)、3月23日(月)は開室
開室時間:9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)
夜間開室:金曜日、2月19日(水)、3月18日(水)は9:30~20:00(入室は閉室の30分前まで)
観覧料
前売券 | 一般 1,400円 / 大学生・専門学校生 1,100円 / 高校生 600円 / 65歳以上 800円
当日券 | 一般 1,600円 / 大学生・専門学校生 1,300円 / 高校生 800円 / 65歳以上 1,000円
団体券 | 一般 1,400円 / 大学生・専門学校生 1,100円 / 高校生 600円 / 65歳以上 800円
※団体割引の対象は20名以上
※中学生以下は無料
※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその付添いの方(1名まで)は無料
※いずれも証明できるものをご持参ください
主催:公益財団法人東京都歴史文化財団、東京都美術館、読売新聞社
協賛:大日本印刷
後援:デンマーク大使館
特設WEBサイト:https://artexhibition.jp/denmark2020/
お問い合わせ先TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
Translate »