Bur@rt

ぶらっとアート ~β版~ all you need is art

【個展】日本初大規模展〜バスキア展「メイド・イン・ジャパン」森アーツセンターギャラリー

2019-09-23

バスキア展 メイド・イン・ジャパン

わずか27才でこの世を去ったストリート系アーティスト、ジャン=ミシェル・バスキア。
アーティストとして活動したわずか10年の間に残した作品数はドローイング2,000点以上、絵画作品1,000点を超します。1年で約300点という量産型作家でした。

バスキア展 メイド・イン・ジャパン

日本で開催される個展としては最大規模の約130点が集まった貴重な機会です。
リストを見て分かるとおり、プライベートコレクション(個人所蔵)が多く、よくぞここまで集まったと感じました。

展示風景

バスキアは幼少時から絵が好きだったようです。
専門的な教育を受けず、

Jean-Michel Basquiat《Napoleon》1982年

「王冠」はバスキアのトレードマークのようなアイコン的なモチーフで、多くの作品に採用されています。

Jean-Michel Basquiat《Untitled(100yen)》1982年
Jean-Michel Basquiat《Onion Gum》1982年
Jean-Michel Basquiat《Self Portrait》1985年
映像上映もありました
中央:Jean-Michel Basquiat《Untitled》1985年 木材、ミクストメディア

ZOZO前社長前澤友作さんが123億で落札した作品も展示されていました。
落札直後に代官山で展示された際にはアクリルボックスで額装されていましたが、本展では額装無しでした。
絵肌を至近距離で直接見ることが出来ました。

Jean-Michel Basquiat《Untitled》1982年
Jean-Michel Basquiat《Untitled》※部分
左:Jean-Michel Basquiat《Tree Eighty Seven》1985年
左:Jean-Michel Basquiat《Made in Japan Ⅰ》1982年
右:Jean-Michel Basquiat《Made in Japan Ⅱ》1982年
数多くのドローイング作品が展示
Jean-Michel Basquiat《Pork》1981年
右:Jean-Michel Basquiat《Boone》1983年

表参道スパイラル地下1Fにある「Restaurant Bar CAY」の壁にバスキアが描いた絵も展示されていました。
かつて来日した際に、当時の店内の壁に描かれたもので、 店舗改装の際に絵の部分だけ保存された作品です。

Jean-Michel Basquiat《Untitled》1985年
Jean-Michel Basquiat《SEE》1985年
Jean-Michel Basquiat《Glassnode》1987年

グッズ販売

本展ではオリジナル商品やコラボサイテムなど、ミュージアムグッズがとても充実していました。
限定のベアブリックやモレスキンとのコラボアイテムなど、多数展開されていました。

下記記事にまとめておりますので、ご覧頂きたいと思います。

まとめ

バスキアが残した作品は、どこか子供が描く絵にも通じるように感じました。
時代を経ても勢いやエネルギーが伝わってくるようで、鑑賞者のこちら側も楽しくなってくるような自由さがありました。
鑑賞後は開放的な感覚に満ちていました。

概要

「バスキア展 メイド・イン・ジャパン」
Jean-Michel Basquiat : Made in Japan
会期: 2019年9月21日 (土)〜11月17日 (日)
会場: 森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52 階)
料金:一般 2100円 / 大学・高校生 1600円 / 中学・小学生 1100円 ※音声ガイド無料
主催: フジテレビジョン
特別協賛: 株式会社 ZOZO
協賛: 損保ジャパン日本興亜
後援: アメリカ大使館
キュレーター: ディーター・ブッフハート
アソシエイト・キュレーター: アナ・カリーナ・ホフバウアー、小野田 裕子
日本側監修: 宮下 規久朗(神戸大学教授/美術史家)

created by Rinker
¥2,265 (2019/12/06 00:46:38時点 Amazon調べ-詳細)

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
Translate »