Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Bur@rt

ぶらっとアート ~β版~ all you need is art

【個展】Nerhol「釘がないので」Yutaka Kikutake Gallery

2019-08-10

Nerhol「釘がないので」Yutaka Kikutake Gallery

Nerholの「釘がないので」にお伺いしました。会場は六本木Yutaka Kikutake Galleryです。

Nerhol「釘がないので」Yutaka Kikutake Gallery

Nerhol(ネルホル)は、飯田竜太と田中義久の2人組アートユニットです。
直近ではサカナクションのアルバムのアートワークにも選ばれ、注目度が高まってきております。

created by Rinker
¥2,400 (2019/08/22 09:28:29時点 Amazon調べ-詳細)
展示風景

Nerhol(ネルホル)は、数分間かけて100枚、200枚と撮影をした全て異なるポートレートを束ね、カッターで切り刻む彫刻で表現する作品が代表的です。

2018年の夏、Nerholは大分県別府市で開催されたアーティスト・イン・レジデンスプログラム「KASHIMA」に参加しました。
滞在期間中にNerholは、明治初期以降、世界大戦を経て様々な人やモノが別府の地を往来するなかで、国内屈指の温泉保養地として発展を遂げ、現在に至る過程をリサーチしました。
貴重な資源である温泉や自然環境のなかで形作られた文化の諸相に触れ、そして別府に住む人々のオーラルヒストリーを集め、レジデンス場所でもあった葵荘をはじめ、別府公園や商店の壁を用いて全13作品の作品を発表いたしました。

本展は、上記展覧会の東京巡回展という要素も持ちつつ、別府会場では未発表であった作品、また、別府でのリサーチの延長線上に制作された新作も混じえて構成されます。

Nerhol《First Bon》2019年
《First Bon》〜横から見るとその彫刻方法が分かるはずです。

最近になって、制作方法が変化してきているそうです。カットする方法も幅広い器具を使うようになったとか。

Nerhol《Fountain,Water surface,Faucet》2019年
鋭利な切断面が影を潜め、物質感を見せています。
展示風景
Nerhol《The Crater Basin in Tsukahara》2018年
Nerhol《Fountain,Water surface,Faucet》2019年

切り刻まれた作品が見せる表情は、現実社会の不完全さを描いているような危うさと、重層されたレイヤーの魅せる美しさがありました。

概要

Nerhol
釘がないので
会場:Yutaka Kikutake Gallery
会期:2019年6月8日(土)〜 7月13日(土)
時間:11:00〜19:00

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
Translate »