Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Bur@rt

ぶらっとアート ~β版~ all you need is art

【開館30周年記念】「Meet the Collection ―アートと人と、美術館」@横浜美術館

Meet the Collection ―アートと人と、美術館

30周年記念展となる横浜美術館のコレクション展「Meet the Collection ―アートと人と、美術館」にお伺いしました。

横浜美術館開館30周年記念「Meet the Collection ―アートと人と、美術館」

会場入り口のオープンスペースに展示された淺井裕介さんと子供たちなどで制作された作品が出迎えてくれます。

淺井裕介+共同制作参加者64名《種を食べた獣(またの名を宇宙クッキー)》
裏側にもキチンと描かれた作品でした。

本記念展はゲストアーティスト4名を中心に組み立てられた展覧会構成になりました。
以下、4名の作品を中心に展覧会の模様を振り返りたいと思います。

束芋

横浜美術館20周年のタイミングに大規模個展を開催した束芋さん。
本展でも得意の映像インスタレーションで楽しませてくれました。

映像作品《あいたいせいじょせい》は、束芋さんが初めて新聞連載小説の挿絵を担当した吉田修一の新聞連続小説『惡人』と近松門左衛門作『曽根崎心中』を掛け合わせた映像インスタレーションです。
『惡人』登場人物のひとり、金子美保の部屋に『曽根崎心中』のお初と徳兵衛が表現されています。投射されるスクリーンには現実の椅子も重なり合って束芋さんの不可思議な世界観を作り出していました。

束芋《あいたいせいじょせい》2015年 映像インスタレーション(5’33”ループ)[展示風景]
created by Rinker
¥5,719 (2019/06/16 15:20:37時点 Amazon調べ-詳細)

その他、束芋さんの映像作品と関連した展示も含み、女性を描いた作品が多かった印象です。

歌川(月岡)芳年《奥州安達がはらひとつ家の図》
開催期間中に行われたトークショーでは、個展開催時のエピソードなども披露されました。
山村耕花《少女》1935年

淺井裕介

本展で最も注目を集めた作家は淺井裕介さんではないでしょうか?
共同制作されたいエントランスの作品もそうですが、わずか10日間で描かれた圧巻の大作《いのちの木》は鑑賞者の注目を最も集めていた作品になったことでしょう。

《いのちの木》展示風景
淺井裕介《いのちの木のためのドローイング》2019年
淺井さんは土を使った泥絵のドローイングで知られる作家さんです。土は横浜でも採集されました。
淺井さんの壁画に別のコレクション作品が展示されていました。
壁画では無い作品も展示されていました。
天井高の高い独立空間ということもあり、 大きな洞窟絵画を鑑賞しているようです。
生命のいとなみをテーマに選ばれた作品が展示
制作スタッフには沢山の協力者の名前がクレジットされていました。
よく見ると、制作協力したやましたあつこさんが描いたと思われるチューリップが描かれていますね。
サインも描かれていました。このトビラ欲しいですね。

素晴らしい作品でした。淺井裕介ファンが沢山増えた展示になったのではないでしょうか。
淺井さんは精力的に活動されている作家さんです。小さなドローイングも特徴の一つです。今なら作品も求めやすい価格で購入することが出来るはずです。

今津景

今津景さんの油彩作品も大きくて存在感を放っていました。
今津景さんを中心にした展示コーナーのテーマは「シュルレアリスム」です。

今津景《Repatriation》2015年 油彩、カンヴァス 227.3×486.0cm 作家蔵

こちらの大型作品、本展がきっかけで販売された模様です。どんなコレクターが購入したのか興味深いですね。

サルバドール・ダリ《バラの頭の女性》
エッシャーのリトグラフ作品。《滝》もありました。
サルバドール・ダリ《幻想的風景 夕べ(ヘレナ・ルビンシュタインのための壁面装飾)》

菅木志雄

もの派の代表作家菅木志雄さんの展示も印象的でした。

「もの派」の解説は丁寧で分かりやすかったです
菅木志雄《包囲空》2018/2019年
菅木志雄《環空立》1999年
菅木志雄《風土の連結》2008-2009年
岩崎貴宏《アウト・オブ・ディス・オーダー(コスモワールド)》髪の毛、ほこり、布 2011年
岩崎貴宏《アウト・オブ・ディス・オーダー(夜ノ森線)》髪の毛、ほこり、望遠鏡 2011年
意外に近距離でした

その他も名作品が目白押しの展示となりました。

奈良美智《春少女》2012年
フランシス・ベーコン《座像》1961年
福田美蘭《睡蓮の池・朝》と《睡蓮の池》 それぞれ2018年

盛りだくさんでとても良い記念展になったと思います。
これからの10年も期待しております!

概要

Meet the Collection ―アートと人と、美術館
会場 横浜美術館
2019年4月13日(土)~6月23日(日)
開館時間 10時~18時 (入館は17時30分まで)
毎週金曜・土曜は20時まで (入館は19時30分まで)
休館日 木曜日、5月7日(火)*ただし5月2日(木・休)は開館

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
Translate »