Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Bur@rt

ぶらっとアート ~β版~ all you need is art

【Burart Diary】「アイディアの種」を産むタイミングの作り方

不定期更新のBurart Diary。日記形式でダラダラと管理人の日常的なことを綴るような記事です。
お暇なときにでもお読み下さい。

「アイディアの種」が落ちてくる

突如としてアイデアが出る瞬間がある。

私の場合はランニングやスイミングの途中、無心で体を動かしている途中、割と頻度が多く訪れる。
アイデアと言っても仕事についての新しい視点や運営しているWEBサイトの新しい切り口とか、アイデアとは言えないような古い友人に連絡してみようかっていうことも含めてさまざま。

口コミサイトで絶賛されている渋谷の和食店の主人も同じようなことを話していた。
彼の場合、それは午前中のファミリーレストランで、読書などに使っている時間だそうな。
想像を超える料理を出してくれる源泉はファミレスから生まれるのだ。

真剣に悩み苦しんで葛藤を続けても答えが出てこなかったものが、いとも簡単にストンと落ちてくるように生み出される感じ。毎日繰り返されるそれぞれの日常の中、忘れていたものが突如として浮き上がってくる不思議な感覚。意図した形ではなくて、自然に、そして極めて明快、時に素晴らしい何かだったりするから驚く。

以前から応援している作家が出ているグループ展に期待して訪れた。
しかし、出品されていた作品の中に心動くものはなかった。
以前は売れていたその作家の作品も、今回は売約済みを示すシールがどこにも見当たらず、展覧会の会期は中盤を超えるタイミングもあって厳しそうな雰囲気を感じた。成長が止まったと思った。

おそらくスランプなのだろう、と思う。いつかきっと抜け出してくれるトンネルにいるのだ。
画力があって非常に上手い作家、天性の才能を感じていた。
作品にしているモチーフの選択に誤っているのか、迷いが混乱を招いているのか、芯を貫くコンセプトが欠落しているような印象を受けた。
相当悩んでいるのかも知れない、と勝手な想像が巡った。

一方で、作家の作品を見るこちら側の目線も、時として変化するだろう。
グループ展はギャラリー内に作家の作品が入り乱れていて、自分が感じる印象の濃淡が出てしまう。
良いか悪いか、引き込まれる作品か否か。
今回は全く別の作家の作品に強烈なエネルギーを感じた。
明らかに作品群の中で強い光を放っていた。視線がそちらに吸い込まれていった。

先日、若手作家の1人と食事をする機会があった。
作品のセールスも好調で、今乗っている作家だ。作品のコンセプトを明確に持ち、美術史などにも明るい明晰な作家だ。
若手作家は、お酒の酔いが進んだのか、名前を挙げながらコンセプトの薄い作家を批評するような発言があった。
言葉は勢いを感じるもので、自信とエネルギーに満ち溢れていた。コンセプトの勝利と言わんばかりの。

美術作家の成功は画力だけにあらず、様々の要素が絡み合って形成されていくものだろう。
なかでも、現代アートの大きな割合を占めるのが作品のコンセプトである。
コンセプトが明快な作品は、コレクションする際に1つの指標として確かに強く存在する。

見失ってしまったものがあるとすれば、自分なりの時間や場所を見つけて欲しいと思う。
アイデアは、全く違う方向からやってくるのかも知れない。
グッドラック。

本記事の副題は「悩める作家への応援歌」としたけど、一度入力したものを消した。
筆者の想像が的外れなのかも知れないから。

created by Rinker
¥3,240 (2019/05/26 23:33:21時点 Amazon調べ-詳細)

※ランニング中にアイデアが湧き出てくることについて、筆者の知人やスポーツ関係者など多くの経験者が存在します。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
Translate »