Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Bur@rt

ぶらっとアート ~β版~ all you need is art

【個展】 加茂昂「境界線を吹き抜ける風」@LOKO GALLERY

 加茂昂「境界線を吹き抜ける風」

加茂昂さんの個展「境界線を吹き抜ける風」にお伺いしました。会場は代官山のギャラリー「LOKO GALLERY」です。

併設のカフェ「私立珈琲小学校 」では児玉奈央さんのCDジャケット原画展も開催。

本展のキーワードは「境界線」と「風」。
3.11東日本大震災の被災地、加茂昴さんが現地福島に入って描かれた作品です。

加茂昂 《境界線を吹き抜ける風のためのドローイング》色鉛筆・紙 2019年

帰還困難地域において立入禁止エリアを示すために設置されるフェンス(境界線)、人物、木漏れ日にも見える薄黄色の何かが描かれています。

加茂昂《境界線を吹き抜ける風1》2019年

このフェンスが存在する理由は原発事故だけれど、事故を招く原因を作ったのは私たち人間。
境界線の位置を決めたのも人、立ち退きせざるを得なかったのも人、いずれの当事者でもある私たち人間の、今とこれからを問いかけるように見える作品です。

加茂昂《自画像)2019年

こちら側と向こう側を行き来する風を感じる作品です。

加茂昂《境界線を吹き抜ける風2》2019年

加茂昴さんの作品は油絵の具の盛り上がりも肉感的でエモーショナルです。
風が舞うような筆致が重ねられ、作品に深みを持たせているようです。

加茂昂《境界線を吹き抜ける風1)※部分
展示風景〜ギャラリー2階フロア
加茂昂《のさり墓参り1》2019年
加茂昂《のさり墓参り2》2019年
加茂昂《のさり墓参り6》2019年

CDジャケット原画展

併設のカフェ「私立珈琲小学校 」では加茂昴さんが手がけたCDジャケット原画展も開催されていました。

児玉奈央さんというアーティストのCDジャケットや中面に描かれた楽曲の世界観を作品にしたものです。どの作品にも使われている、柔らかくて優しい色が印象的でした。

created by Rinker
¥2,300 (2019/07/16 05:44:55時点 Amazon調べ-詳細)
概要

加茂昂(Akira Kamo)
境界線を吹き抜ける風〜Wind Blowing Through Boundary
会場:LOKO GALLERY
会期:2019年4月26日~6月1日

Akira KAMO

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
Translate »