【ネタバレ】ヴィノスやまざきのワイン福袋【5,000円×2種類】を開封してみた!※2019年版

ヴィノスやまざき

ワインショップ「ヴィノスやまざき」の新春福袋がお得と聞いて購入しました。

ヴィノスやまざきは直輸入型専門ショップ。 海外の生産者のもとに直接訪問して買い付け交渉し、船積みから海上輸送まで手がけているショップです。 直接購入しているワインショップなので良質なワインですし、輸送から倉庫まで定温管理されているのが安心で信頼できるショップです。

ワイン福袋

ヴィノスやまざきが販売しているワイン福袋の種類はたくさんあります。

  • 10セットに1セットの割合で、高級シャンパーニュの代名詞「ドン・ペリニョン」が入っているかもしれない2019年の運だめし福袋! 3本で10,000円(税抜)
  • 今や入手困難な世界的ワイン「オーパス・ワン」が入っているかもしれない、2019年の運だめし福袋!3本で30,000円(税抜)
  • 世界中のシャンパーニュファン垂涎の「クリュッグ」1本に銘醸赤ワイン3本が入っています。4本で50,000円(税抜)
  • 毎年人気の福袋 「ヴィノスこだわりのワイン4本セット」4本で3,000円、5,000円、1万円、3万円(税抜)
  • その他、リクエストの可能な呼応学福袋(10万円〜100万円)

この中で最も人気なのが「ヴィノスこだわりのワイン4本セット」。店頭でも大きく展開されているオススメ商品です。

本記事はこちらの「5,000円」福袋の中身ネタバレ記事です。

5,000円福袋

「ヴィノスこだわりのワイン4本セット」の中で選んだのが「5,000円福袋」赤ワインの4本セット。

「ヴィノスこだわりのワイン4本セット」の福袋は「赤ワイン4本」「赤ワイン2本、白ワイン2本」「赤ワイン2本、白ワイン1本、スパークリングワイン1本」「白ワイン4本」の4種類から選ぶことが出来ました。

お店の方に3,000円と5,000円の違いを伺ってみましたところ、「5,000円の方が熟成しているワインが多く、そのぶん重め」との話でした。

 

エンジの専用袋に入っていました

ワインの種類はシールに明記されています。

なお、赤ワイン4本セットでも、シールに記載されている商品番号の末尾が違うと別のセットが購入可能です。

ワイン紹介【Aセット】

それでは4本のワインをご紹介させていただきます。まずは【Aセット】です(末尾が“A”)。

3ブリッジス シラーズ 2016年(2,780円)

オーストラリア産のシラーズワイン「3ブリッジス シラーズ」。

「NSW(ニューサウスウェールズ州)協会」のテイスティング大会で676種類中1位のワイン。

表記は「赤コクあり」

アリド・ボナルダ 2017年(1,680円)

アルゼンチンのワイン。柔らかく飲み応えのあるワイン、というクレジットです。

表記は「まろやか赤」

リッチランド・シラーズ 2018年(1,280円)

シラー100%のオーストラリアワイン。

表記は「まろやか赤」

グラディオ・キアンティ 2016年(1,480円)

酸味うまみたっぷりのイタリア、キアンティワイン。

表記は「まろやか赤」

合計4本:7,220円

全4本の標準価格は「7,220円」でした。ということで、「2,220円」お得!ということになります。

産地:オーストラリア2本、イタリア1本、アルゼンチン1本

蔵直ワインならではの裏面クレジット

1枚に収められたワイン解説書

 

ワイン紹介【Bセット】

それでは4本のワインをご紹介させていただきます。まずは【Bセット】です(末尾が“B”)。

タッキーノ・ドルチェット・ディ・オヴァーダ 2014年(2,080円)

表記は「赤コクあり」

ビスタルバ・コルテC 2017年(2,380円)

表記は「赤コクあり」

フラン・ボーセジュール 2017年(1,480円)

表記は「まろやか赤」

グラディオ・ロッソ 2016年(1,280円)

表記は「まろやか赤」

合計4本:7,220円

全4本の標準価格は「7,220円」でした。ということで、「2,220円」お得!ということになります。

偶然なのか?AセットもBセットも同じ価格でした。公平なんですね!

産地:イタリア2本、アルゼンチン1本、フランス1本

裏面のクレジット

 

おまけ

5,000円以上購入でもらえるクーポンチケットをもらいました。WEBショップでも使えるチケットになっていて、クーポンコードが記載されていました。
これは、1月7日〜2月28日まで500円引きとなるチケットだそうです。※3,000円以上購入の場合に限る

まとめ

購入価格5,000円に対して7,220円(いずれも税抜)というバリューでした。もう一声のお得感が欲しいところではありますが、元々が安さを売りにしているショップなので、この辺りの価格が限界値なのかも知れませんね。

また、末尾の番号がA、Bともに標準価格は同じ「7,220円」でした。標準価格は同一ですが、中身のワイン内容は全く違ってダブりがありません。ということで、5,000円セットを2袋購入する方法もあるわけです。筆者の方法はオススメですが、持ち帰りが重いので車移動でない場合はご注意下さい。

ワインの福袋は新たなワインとの出会いを楽しめる性格の買い物でもあります。
新しい出会いを楽しみながらワインを味わいたいと思います。