【勝手にシューズ評価】ランニングシューズ On(オン)「Cloudventure(クラウドベンチャー)」

ランニングシューズブランド「On」

On(オン)は新興のシューズメーカーで、スイスが発祥の地。
日本にも最近上陸して比較的知名度が上がってきた印象です。筆者の知人もかなりのエリートランナーが評価しており、初心者ランナーも含めて広いレンジのユーザーがいるようです。

独自のクッション構造「クラウドテック」を採用したClouud(雲)の上にいるような走り心地が売りの定番「Cloud」シリーズは、筆者も購入してランニングシューズとして活用しております。オシャレなデザインは普段履きにも活躍してくれていて満足感の高いシューズとして、胸を張ってオススメ出来るものです。

Cloudventure – クラウドベンチャー

そんな「On」がトレイルランニング用として送り出しているのが「Cloudventure – クラウドベンチャー」シリーズです。

カラーは「フィヨルド/ネイビー」

まずはシューズの写真を見ながら追いかけていきましょう。
今回購入したのは「フィヨルド/ネイビー」と言うカラーです。基本的には明るいネイビーに黒と差し色のオレンジが眩しい落ち着いた印象のシューズです。相変わらずデザインが非常に格好良いですね。

良く見ると、ネイビーの下にオレンジ色が少し透けています。
これは、独自の二重レイヤー素材を採用しているため。
高いサポート力を備えた柔らかいインナーレイヤー(オレンジ)と、軽量かつDWR(耐久性撥水)加工が施された通気性の高いアウターレイヤー(ネイビー)から構成されているのです。

シューズ確認

シューズの本体を見てみましょう。
「Cloud」シリーズはシューレースが「ゴム紐」でしたが、さすがにトレイルの過酷な環境では通用しないと判断したのか、ストレッチ性の無い細い紐です。

後方からの写真を見てみると、左右に「o」と「n」のアルファベットが並び「On」と言うロゴが確認出来ます。ロゴマーク部分はリフレクションで、光源が当たると光る仕組みになっています。

くるぶし側にもOnのロゴがつけられています。また、かかと部分だけで無く、リフレクション素材は四方に渡って採用されています。トレランを強く意識しているように受けとれます。

シューズのソール部分を横から見てみましょう。「Cloud」シリーズ同様、「 CloudTec® システム」を採用しています。

11個の独立したパーツから成る特許技術 CloudTec® システム。通常の垂直方向の衝撃吸収を上回るこの仕組みを、Onは「ホリゾンタル クッショニング」と呼んでいます。

次にソールを見てみましょう。
ソールは「Cloud」シリーズと大きく異なります。4つの異なるグリップを備えており、「Cloud」シリーズで頻発する「小石が挟まる」ことが無いようなソールの設計です。

小石が挟まることが無いような設計が嬉しいです。

 

重量

重量を計測してみました。
今回は28.5cm(USサイズで10.5)を購入したので、皆さまのサイズ感に向けて参考まで確認下さい。

下記の写真はソールを外した状態で計測した重量です。片足で「337g」と言うなかなか重めなシューズです。

以前使っていたアシックスのトレランシューズ「GEL-FujiAttack」が348gに近い数字です。

インソールも計測しました。片足で「21g」ということで、こちらもしっかり出来ている印象です。

 

装着インプレッション

実際に履いてみました。
Onは比較的なタイトな印象で細身に作られている印象(どうやらDサイズに近いサイズ感の模様)です。
asicsで28.5cm(Slim)を履いている筆者は同サイズで購入しましたが、違和感なくジャストフィットです。

 

走行インプレッション

実際に走ってみました。

重量でも分かる通り、しっかりとした安定感あるシューズです。ランニングシューズで「Cloud」を履いている人は、少しビックリするかも知れません。ただし、前述のアシックス「GEL-FujiAttack」を経験している筆者としては「意外に軽い」印象を受けます。

ソールは「 CloudTec® システム」で有りながらも、比較的固めの印象を受けます。
耐久性は今後の使用状況によって確認が必要ですが、「Cloud」シリーズの走行感をそのまま継承しているようで嬉しくなります。

1点残念なのが、結んだ靴ひもが収納出来るポケットが無くて少し不満が残ります。

一方で、かかとのヒールカップが堅牢に作られていて、この点はプラス材料として加点できますね。

まとめ

通常小売価格は 17,064円(税込)と、決して安くないシューズです。

ですが、「Cloud」シリーズでOnに魅了されたランナーは、トレイルでも同じような走行フィーリングを体感できることになるでしょう。

全体的なクオリティは非常に良いバランスで出来ており、トレイルでも一定の評価を上げられるシューズです。オススメです!