【ごはん革命】長谷園「かまどさん」のご飯が美味しすぎる!

土鍋でご飯

 

ずっと使っていた自動炊飯器に別れを告げ、土鍋炊きのご飯にスイッチしました。

「土鍋でご飯」については、興味がありつつ時間だけ経過していたのですが、知人からのオススメもあって使い勝手の良いオススメの鍋が有ると聞いて、思い切った次第です。

オススメの鍋とは長谷園の「かまどさん」。

本当に簡単でこんなに美味しいご飯が炊けるとは思っていなかったので大満足です。

長谷園の「かまどさん」

それでは早速、長谷園の「かまどさん」を使ったご飯の炊き方をご紹介致します。

公式のマニュアルも参考にしながら進めて行くのが安心です。

使い続けて行くうちに、こだわりも出てきそうです。好みの固さに調整していくことも楽しみの1つです。

お米を研いで水気を切る

正確な水の量をコントロールするための作業です。推奨は約5分間です。

水を切ったお米を鍋に入れる

今回使用した土鍋は2号用。1合〜5合まで各サイズ揃っています。

水を入れる

水はやや多めに入れた方が良い感じです。筆者の場合2合炊きに1合択場合は250ml入れています。

中ぶたを閉める

横ぶたの穴は2つあります。

外ぶたを閉めて20分漬ける

外ぶたの穴は1つ。中ぶたとは直角の関係になるように蓋を置きます。中の圧力を均等にするためです。

着火(中強火)!

火加減は中火と強火の間をイメージしましょう。

消火〜蒸らし20分

湯気が強く噴くようになったタイミングから1〜2分待って火を消します。今回の場合は着火より約10分前後です。

完成!

見事なお米が炊けました!

まとめ

途中で火加減の調整を必要としない「かまどさん」。2つの重量感ある蓋でキッチリと温度管理してくれます。

中はツヤツヤのふっくらお米。しっかりしたお米の輪郭を残しつつ、甘さと固さの加減も最高に良くて素晴らしい炊きあがりです。

炊き込みご飯などももちろん可能。おこげも一緒に出来るので美味しいですよ!