【渋谷】開店間もない「酒井商会」の九州系割烹料理を堪能

「並木橋なかむら」で修行、渋谷「高太郎」でお手伝いを経て2018年4月にオープンした「酒井商会」さんに伺ってきました。

「並木橋なかむら」を含む飲食店グループ会社である「フェアグラウンド」さんは、卒業生として前述の高太郎をはじめ、様々な優良店を創出しています。卒業店一覧はこちら

お店のある2階に繋がる階段にはお祝いの花が並んでいました。

お店はカウンターが中心でテーブル席も8席ほど用意されている構成。この日は厨房に酒井さんと助手、フロアに女性1名の3人でお店を回していました。

料理はこの日のお薦めメニューが手書きで用意されていました。

飲み物は日本酒とワインが売りのようです。まずはビールから頂きました。

徳島の地ビール「上勝(KAMIKATZ)」。香りよく美味しいビールでした!

ゴマ豆腐からスタート。香ばしいお豆腐で美味しかったです。

刺し盛りは天然の真鯛、タコ、カツオ、ヒラマサ。

お刺身には白ワインを合わせて頂きました。チョイスはお店の方。

高太郎さんのメンチカツではありませんが、お薦めのハムカツ。これは美味かった!

ソースも用意されていましたが、そのまま何も付けずに頂きました。

みつせ鶏のから揚げ。少し味が強かったですが、ビールには相性が良いですね!

赤ワインも頂戴しました。

だし巻き卵は明太子入り。九州の食材を多く取り入れているようです。

アイナメのアゴ出汁お椀。こちらも少し塩気が強いお味。九州系の味付けは少し強めなんですね。

おばんざいの3種盛り。こういうのは嬉しいですね。

シメは長崎の五島うどんです。サッパリして最高の1品。

回転も間もないタイミングでしたので、お店のオペレーションも試行錯誤といった感じ。
喫煙者への配慮か、ベランダで喫煙が可能になっていて頻繁に出入りが行われる時間がありました。
それにより、ゆったりと寛ぐような雰囲気が作られていなかったのが残念。

若い店主の今後に期待ですね。
ご馳走様でした、美味しく頂きました!

 

酒井商会割烹・小料理 / 渋谷駅

夜総合点★★★☆☆ 3.4