【悲報】デニーズ再々登場!「2018年版担々麺」が残念すぎる・・・。

久々にデニーズの担々麺が食べたくなり、お店に訪問しました。
2016年にレポートして以来久々となりますが、筆者としてはそれ以前に頂いた「元祖デニーズ担々麺」が忘れられず、定期ウォッチと称してお伺いした次第です。以前の記事は下記より参照下さい。

さて、2018年7月10日に改訂されたメニューから公式の案内文を引用させて頂きます。

〜公式リリースより〜

濃厚なコクと辛味があとをひく…復活のご要望にお応えして、デニーズ特製の担々麺が再登場。 担々麺のベースには、たっぷりの芝麻醤を使用して、ピーナッツや背脂をプラス。ごまの風味豊かなスープが、中細の中華麺にしっかりとなじみます。豚肉、たけのこ、しいたけを炒めた肉味噌は、ピリッとした辛味がたまりません。鶏の唐揚げとミニごはんがついて、とてもお得なセットです。

と言うことで、まずはメニュー確認です。
2016年版と全く同じ価格とセット構成。単品注文も可能です。

ご飯や鶏から揚げには全く興味がありませんので、いつものように単品注文しました。

しばらく経ってテーブルに到着したのが下の写真です。
2016年時と若干様子が違っておりますね。まずは最新版の担々麺写真をご覧下さい。

なんとなく寂しげな2018年版担々麺。赤味が薄くなり辛さ感が伝わってきません。全体的に大人しくなった印象です。

続いて2016年版担々麺。明らかな変化を感じます。
2016年版の力強くて堂々たる風貌が見て取れます。

img_1050

2016年度版担々麺。もっこりとしたボリュームある具材が印象的。もやしもたっぷり入ってますね。

美味けりゃ文句ないわい!と一口味見して・・・涙。麺が伸びてる&スープがぬるい、何じゃこりゃ!?
ただでさえイケてない麺がさらに伸びていて印象が悪くなってます。
※2016年時の記事抜粋・・・「冷凍麺のような締まりの無い感じ」
さらに致命的な味の欠陥を発見!「辛さが無い」のです。あぁ、終了。

You、こんな担々麺なら出さない方が良かったよ。
オリジナルの開発者に失礼だよ。復活メール送った昔の筆者に謝って欲しいよ・・・。

振り返って先ほどのメニューを再確認。
「濃厚」の2文字が消えて無くなってますね。

ただただ無念・・・。
すみません、スープ大量に残しちゃいました。