【2018年新作】作家青山悟氏が語ったポジションマップ作品「About Painting」追加投入作品〜香取慎吾と五木田智央について

タグチ・アートコレクション展

タグチ・アートコレクションは、実業家の田口弘氏が蒐集した世界各地の現代アート作品およそ450点(2018年6月現在)からなります。

特定の展示会場を所有せず、各地の美術館等からの出品要請に応え全国で展覧会を行っているスタイルですが、2018年4〜6月開催の「タグチ・アートコレクション展(平塚市美術館)」は非常に良い展覧会でした。

【コレクション展】「21世紀の美術 タグチ・アートコレクション展」@平塚市美術館
タグチ・アートコレクション展 タグチ・アートコレクションは、実業家の...

About Painting

タグチアートコレクションのラインアップの1つ青山悟氏の「About Painting 2014-2015」。20世紀の著名画家を横軸に「Personal-Social」、縦軸に「Radical-Conservative」と言う評価軸を設定し、刺繍アートで再現された各作家の代表作を配置していく作品です。そして、青山悟さん独自の解説が自筆で書き込まれていて、1つの作品として完成されているのです。

各作品の個別内容などは下記より参照下さい。

【20世紀画家をポジションマッピング】青山悟「About Painting」@タグチ・アートコレクション展
タグチ・アートコレクション展 タグチ・アートコレクションは、...

アーティストトーク

筆者がお伺いした日は青山悟さんのアーティストトーク開催日でした。タグチ・アートコレクションの創始者田口氏の娘さん田口美和氏との対談形式です。

作品前に作られた会場は、わずかな座席はすぐに埋まり、スタンディング客も沢山で賑わいを見せていました。

青山氏は作品について様々なエピソードを挟みながらお話ししてくれました。

新作登場〜「About Painting 2018」

会期の後半に差し掛かっているタイミングでしたが、ボードに飾られた31作品の作品間には空いているスペースがまだあり、さらに作品を追加するとの発表がありました。

【1】五木田智央(Tomoo Gokita)

1作品目は五木田智央氏。作品制作に至った理由は、青山悟さん作品の展示場所から見える場所に五木田作品が展示されていたこと。五木田作品についてのディスカッションをしつつ、マッピング場所の検討が行われました。会場からの多数決を経て無事スペースを確保してからボードに固定されていきます。

Tomoo Gokita(五木田智央)

五木田智央「African Honeysuckle」2008年

【2】香取慎吾(Shingo Katori)

サプライズで登場した2作目は「香取慎吾(Shingo Katori)」。

Shingo Katori(香取慎吾)

直近のニュースで「ルーブル美術館での個展決定」が報じられましたが、青山悟さんは2017年に開催された「ミュージアム・オブ・トゥギャザー(@スパイラルガーデン)」で一緒になったご縁もあるそうです。香取作品についての評は「良い線を描く方」という印象をお持ちのようです。

香取慎吾「イソゲマダマニアウ」2010年

香取慎吾さんを「めちゃめちゃ良い人!」と語るのは青山悟さん。「良い人だけに変な人たちに利用されないで欲しい」ともおっしゃっていました。

ポジションマップではパーソナルな方向に作品を配置しておりました。なぜか少しはみ出しているのはご愛敬でしょうか。

青山さんのコメントが非常に良かったです。

コメントがとっても良かったので一部引用させて頂きます〜「頑張れ、新しい地図!既存の美術教育の意義も美術業界の慣例もぶっ壊せ!そしてアートだけは変な人たちに利用されずに純粋に楽しんで欲しい」。

青山悟さん所属「ミヅマアートギャラリー」のスタッフが作品を丁寧に管理。

2018年に制作された2作品。これによって作品のタイトルも「About Painting 2014-2018」と上書き更新されていくことでしょう。さらなる追加作品も期待したいですね!

概要

「21世紀の美術 タグチ・アートコレクション展」ーアンディ・ウォーホルから奈良美智まで
会期:2018年4月21日(土)~6月17日(日)
会場:平塚市美術館
開館時間 9:30 ~ 17:00( 入場は16:30 まで)
休館日  月曜日(ただし、4/30 は開館)
観覧料金 一般800(640) 円/高大生500(400) 円
※( ) 内は20 名以上の団体料金
※中学生以下、毎週土曜日の高校生は無料
※各種障がい者手帳をお持ちの方と付添1 名は無料
※65 歳以上で平塚市民の方は無料、市外在住の方は団体料金

◆主催 平塚市美術館
◆特別協力 タグチ・アートコレクション
◆協力 湘南造園株式会社
◆協賛 神奈川中央交通株式会社
担当 江口恒明(当館学芸員)

【出品作家】
青山悟、淺井裕介、マシュー・バーニー、ヨナス・ブルゲルト、ホセ・ダヴィラ、セバスチャン・ディアズ・モラレス、ナタリー・ユールベリ&ハンス・ベリ、トレーシー・エミン、マーク・フラッド、モリーン・ギャレース、五木田智央、ジョアン・グスマン&ペドロ・パイヴァ、キース・ヘリング、セクンディノ・ヘルナンデス、カンディダ・ヘファー、今津景、ハイヴィ・カーラマン、金氏徹平、加藤泉、川俣正、小泉明郎、丸山直文、ライアン・マッギンレー、ミヤギフトシ、ジョナサン・モンク、リチャード・モス、ヴィック・ムニーズ、村上隆、オスカー・ムリーリョ、奈良美智、西村有、大竹伸朗、オスカール大岩、ヨーコ・オノ、ジュリアン・オピー、ジョルジュ・オズボルト、ロブ・プリット、ゲド・クイン、マリナ・レインガンツ、クリスチャン・ローザ、ウィレム・サスナル、さわひらき、澤田知子、杉本博司、杉戸洋、鈴木ヒラク、照屋勇賢、トゥークラル&タグラ、マリオ・ガルシア・トレス、アンディ・ウォーホル、リネット・ヤドム・ボアキエ
以上51 作家

この記事をお届けしたburartの最新情報をいいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »