Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Bur@rt

ぶらっとアート ~β版~ all you need is art

【News】アーティストが主導する新しいアートフェアの形〜「ARTISTSʼ FAIR KYOTO 2019」開催

ARTISTS’ FAIR KYOTO 2019

2018年に続き2019年の「ARTISTS’ FAIR KYOTO 2019」開催が発表されました。
開催日は2019年3月2日(土)〜3日(日)の2日間です。 ※1日(金)は特別内覧会を開催


本イベントは、ギャラリーやキュレーターによって集まる通常のアートフェアとは異なるアートフェアです。前回同様にディレクターとして椿昇氏、アドバイザリーボードは池田光弘、薄久保香、大庭大介、金氏徹平、加茂昂、塩田千春、髙橋耕平、 鶴田憲次、名和晃平、宮永愛子、矢津吉隆、ヤノベケンジ、Yottaと、第一線で活躍するアーティスト陣13名を迎え、それぞれ異なる 視点からのキュレーションにより出品者となる若手アーティストを選出する仕組みです。

また、新たな才能発掘のため公募部門が新設され、推薦・公募によって選ばれた20代~30代の若手アーティスト43組を中心に出品作品は200点以上に及びます。

髙木智子《2つの女の子》1630×1500x40mm 素材キャンバスに油彩 2017年
※開催期間は作家の同系統の作品が出品予定
広瀬菜々&永谷一馬《365 apartments》 サイズ可変 
商品包装紙、チケット、メモ、絵葉書、領収書など 2011-2018年(2011年からの継続作品)
西垣 肇也樹《決シテ瞋ラズ》 1167×1167x40mm 墨、雲肌麻紙、パネル 2017年
価格 ¥200,000(税込)

会場は、京都府京都文化博物館 別館 / 京都新聞ビル地下印刷工場跡の2会場に拡充されています。

京都新聞ビル 印刷工場跡
京都文化博物館
前回「AFK2018」の会場様子

伝統から革新を生み出してきた京都で、「Singularity of Art(シンギュラリティ オブ アート)」をコンセプトに掲げ、アーティストが世界のマーケットを見据えて次の次元へと活躍の場を拡大する、新しい「アートフェア」が再び始動します。

概要

ARTISTS’ FAIR KYOTO 2019
会期:2019年3月2日(土)、3日(日) ※1日(金)は特別内覧会を開催
会場:京都府京都文化博物館 別館 / 京都新聞ビル 地下印刷工場跡
時間:10時00分~18時00分
URL:https://www.artists-fair.kyoto/
入場料:1,000円(学生無料 要・学生証)※京都新聞ビル 地下印刷工場跡は無料

 

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Google +
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Translate »