Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Bur@rt

ぶらっとアート ~β版~ all you need is art

【徹底比較】2019年開催〜2つの「クリムト作品」展覧会を詳細比較してみた!

2019年4月、「クリムト」の名前がクレジットされた2つの大型展が開催スタートされます。
2019年は日本とオーストリアの友好150周年というメモリアルイヤーであり、偶然に重なったということではありません。

両展覧会の「鑑賞ガイド」です。いずれも力の入った作りです。
左:「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」 右:「クリムト展 ウィーンと日本 1900」

ひとつは「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」(2019年4月24日〜国立新美術館)、もうひとつが「クリムト展 ウィーンと日本 1900」(2019年4月23日〜東京都美術館)です。
展覧会の開催日が1日違いという、測ったかのような同時期での開催です。
詳しい概要は下記の記事をご覧頂ければと思います。

クリムト展 ウィーンと日本 1900 2018年8月に第一報として入ってきた「クリムト展 ウィーンと日本 1900」の続報が入ってきました。 http://kobalog.
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 2019年注目の展覧会「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」の情報が公開されました。 日本・オーストリア外交

いずれの展覧会もメインディッシュは「クリムト」の作品です。

ウィーン・モダン展vsクリムト展 比較表

さて、本記事は同時期に開催される展覧会について、クリムト作品を中心に比較する検証記事です。
ウィーン・モダン展とクリムト展をポイントごとに比較してみたいと思います。
※Smartphoneでは横スクロールで閲覧下さい。

展覧会名

ウィーン・モダン
クリムト、シーレ 世紀末への道

クリムト展
ウイーンと日本1990

会場 国立新美術館 東京都美術館
期間 2019年4月24日〜8月5日 2019年4月23日〜7月10日
巡回展 国立国際美術館(大阪)
2019年8月27日〜12月8日
豊田市美術館
2019年7月23日〜10月14日
主催 国立新美術館(東京展)
国立国際美術館(大阪展)
ウィーン・ミュージアム
読売新聞社、読売テレビ(大阪展)
東京都美術館、
朝日新聞社、TBS、
ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館
総作品点数 約400点(大阪:330点) 未発表
クリムト作品点数 47点 油彩画を中心に20点以上
クリムト油彩画点数 不明 過去最多の20点以上
主なクリムト
展示作品①
《エミーリエ・フレーゲの肖像》
《ユディトⅠ》
主なクリムト
展示作品②
《パラス・アテナ》
《ヘレーネ・クリムトの肖像》
主なクリムト
展示作品③
《第1回ウィーン分離派展ポスター》
全長34mの壁画《ベートーヴェン・フリーズ》の精巧な複製展示

《ベートーヴェン・フリーズ》※部分
クリムト以外の展示作品
エゴンシーレ
ココシュカ
同時代のウィーンで活動した画家たちの作品や、クリムトが影響を受けた日本の美術品などが展示されます。

「ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館」監修
入場料(前売) 未発表 一般:1,400円
入場料(当日) 未発表 一般:1,600円
企画チケット 未発表 多数有・随時発売
音声ガイド 未発表 未発表
本サイトNews記事 ウイーン・モダン展 News記事 クリムト展 News記事
公式サイト https://artexhibition.jp/wienmodern2019/ https://klimt2019.jp/
公式Twitter ウィーン・モダン展 クリムト展
見どころ ヨーロッパ有数の博物館として知られるウィーン・ミュージアムですが、改修工事に伴って同館の主要作品をまとめて公開される貴重な機会です。
クリムトに注目が集まりますが、シーレやココシュカを含めて、絵画、建築、応用芸術、音楽など、ウィーンの芸術文化の全容が分かる総合展です。
4クリムト作品は47点が集まると発表されていますが、ウィーン・ミュージアムのクリムトコレクションは「素描が400点」あるため、素描に比重が置かれると予測。
国立新美術館の大きな空間でバラエティに富むウィーン芸術に触れる好機だと思います。
世界一のクリムトコレクションで知られる「ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館」監修のもと、企画構成されている展覧会です。
このため、クリムトの真骨頂である油彩画の作品が多数集められている展覧会となっており、クリムトファンなら大満足する内容になるはずです。
一方で、クリムト以外の作品についての情報は現時点で薄く、「クリムト展」と謳う通り、クリムトの油彩をじっくりと鑑賞する為の展覧会になりそうです。

  まとめ   

・両展覧会はクリムト繋がりという共通点はあるものの、全く違う展覧会である
・クリムトのコレクションを満喫したい方は両展制覇をオススメ。
・クリムトの本領「油彩画」を満喫されたいなら「クリムト展」がオススメ。
・クリムト作品から「ウィーンの芸術文化」の全容を鑑賞するには「ウィーン・モダン展」が絶好の機会になるはず。
・もちろん、当サイトの推奨は「両展制覇」です。

※本記事は追加情報が発表され次第、随時更新して参ります。

 

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Google +
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Translate »