Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Bur@rt

ぶらっとアート ~β版~ all you need is art

メニュー

【News】ANOMALYの第1弾開催展覧会はChim↑Pomによる「グランドオープン」展!

山本現代・URANO・ハシモトアートオフィスが合同で立ち上げたギャラリー「ANOMALY」。

「ANOMALY」(アノマリー)とは、正論や常識では説明不可能な事象や個体、変則や逸脱を表す言葉です。
その第一段の開催となる展覧会がChim↑Pomによる「グランドオープン」です。

画像制作協力:板垣賢司

Chim↑Pomは卯城竜太、林靖高、エリイ、岡田将孝、稲岡求、水野俊紀の6人で構成されるアーティスト集団。
「グランドオープン」展では、彼ら特有の視点から「都市論」を展開します。

直前に東京・歌舞伎町で行われたイベント「にんげんレストラン」で制作された「ビルバーガー」は、ビル階層の床を切り抜き、そのまま真下の1Fに積み重ねた巨大彫刻作品。この巨大作品がANOMALYに運び込まれます。
さらに、2017年台湾で開催されたアジアアートビエンナーレで発表された「道」も、台湾からロンドンでの展示を経由し、実際に運び入れます。
そのほか、「個」としてのChim↑Pomが、およそ一ヶ月に及ぶ長い設営期間の中で、即興的に現場で作品を制作します。

今回Chim↑Pomが展開する「都市論」は、公から個という昨今の東京のまちづくりに反して、個から公への回帰と刷新を念頭に、「おもしろい個が、おもしろい公をつくる」、と語っています。
会期中には、イベントも予定しているとのこと。開催が楽しみですね!

こんにちは、Chim↑Pomです。
アノマリーのグランドオープン、おめでとうございます!

グランドオープン!嘘みたいに華やかな新店舗開店の見出しとか、多幸感溢れる地域再開発のプレスリリースとかでよく見るあのパンチライン。壮大な開放!とは一体どれほどのキャパシティを備えた開放なのでしょう!楽しみです!日本を背負って立つであろうコマーシャルギャラリー・アノマリーには、是非とも昨今の公共空間や美術館、アートフェスなどがミッションとする「一般の皆さま」へのキャパじゃなく、真にディープな人間性へのキャパシティを追求していただきたい、と思う所存です!

大人数に開けば良いってもんではないですしね。って例がひとつ。最近の公園は民営化が段階的に進んでいるそうです。
「公」園じゃねーじゃん!
って声を荒げたアーティストがおりまして、友人の松田修。ゲトー出の育ちの悪いカス野郎のくせに、これが何を思ったか無謀にも公園で素敵にランチを食べようなんて思い立ち、手作り弁当を持ってベンチに座っていたそうです。身の程知らずというか、案の定弁当を食べる姿を見た人から「公園に入りづらくて」と通報されたそうです。www
それで声高に、
パブリックとは!
なんて酒の勢いでアジるわけですが、聞けばそもそもパジャマ姿の寝癖のオッさんが昼間っから手作り弁当を公園でってw。わざわざご足労をおかけした警察の肩を持ちたくなるような案件ですが、でもまあ、たしかに松田の寝言にも一理アリというか。上野公園もスタバとテキ屋が選手交代したって話ですし、思えば皆んなパブリックとマジョリティの区別がつかなくなってきちゃってるんですね。

ていうか、それこそ天王洲の街づくりをリードしている寺田倉庫、そしてその物件に入るアノマリーを横目にまことに言いづらい話ですが、結局アートだって同じ穴のムジナというか、天王洲と直接関係あるかないかはともかく、例えば松田みたいな汚ねーアーティストを地域から追い出すジェントリフィケーションも今のアートシーンの一大イシューなわけですし。
もっと言えば、その土地の価値をつり上げる当事者側、つまりアーティスト松田を追い出す不動産側にも、皮肉なことにアーティストの存在があるわけで…!そう、例えばこの場合で言うとアノマリーのこけら落としを務めるChim↑Pomってことになっちゃうわけですがw。なんて難解な業界になったのでしょう。

だって、Chim↑Pomとひとくくりに言ったって、なんならメンバーそれぞれは松田と同じくどうしようもない。職質2時間は当たり前、警察にChim↑Pomカーを止められたら荷台にあった工具がまるで人殺しか窃盗のツールのような嫌疑をかけられるくらいの怪しさです(実話)。
とはいえ、そもそもアーティストなんてそんなもんというか、それでも個のエクストリームな振り幅を作れるかもなって、空虚な期待で色々大目に見てもらっていたカスな存在。それが一体何に巻き込まれているのかと、我が身を案じずにはいられません。

例えばすっかりアートが溶け込んだ街の中では、ストリートアーティストがデペロッパーの壁を受注しているし、メディアアーティストが公共事業と日の丸を背負って何故か国家の責任とかまで感じているし。そしてほとんどのコンテンポラリーアーティストは、まるでキュレーションやアートフェアの挿絵のようなポジションを得て喜んでるし。で、社会人としての実績と、アートの意義やテーゼをTEDのステージで語るんですよw。どうせ。何せ今はアンチテーゼの時代でもないですしね!って言えば言うほどカスを駆除したい多くの人々も喜んじゃって、お互いウィンウィンって意味わかんないし。

公と個。容れ物と人。都市論を考えながらプロジェクトを連発してきた結果、一周回って「個が面白くないと面白い公なんてできるわけないじゃん!」って何故か個のニュアンスに萌えだしちゃいました。暴論を言えば去年キタコレに作った道もそのパターンで、バーがあるからか毎晩誰かがゲロを吐いてくれていて、そのおかげで道が育ってるんですよ!ってこんなんきっと賛同得にくいマニアックな私道の美学なんでしょうが。
しかし、官民一体で公共がオープンしている場にはそんなシャレは挟めなくて、だって結局それは「壮大な人数の消費者」用でしょ。その代わり、ホームレスもアクティビストも、つまり「当事者」はひとり残らず退出通告を突きつけられていて、デモも無い、テロは怖い、エリイのように路肩で野ションするような始末に追えない女なんてそもそもいないのです。

リニューアルがデフォルトとなった東京の街中で、あちこちから聞こえるグランドオープンの呼び声に誘われつつも、僕らはむしろクソみたいに誠実に開かれた、もっと「壮大な開放」は何か、そのグランドオープンを画策してみたいと思うわけです。

Chim↑Pom
2018年11月

概要

Chim↑Pom「グランドオープン」
会場:ANOMALY
2018年11月22日(木・祝前日)~ 2019年1月26日(土)
火・水・木・土 11:00~18:00、金 11:00~20:00
日月祝、および2018年12月23日~ 2019年1月14日は休館

オープニングレセプション 2018年11月22日(木・祝前日)18:00~21:00

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Google +
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Translate »