Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Bur@rt

ぶらっとアート ~β版~ all you need is art

メニュー

【個展】人形を使った人物描写の面白さ〜森山亜希「ICON」@un petite GARAGE

森山亜希「ICON」

森山亜希さんの個展「ICON」に伺ってきました。会期の最終日に滑り込み、会場は「un petite GARAGE」です。

本個展はバービー人形をモチーフにした作品が中心です。
会場を入ると円形のキャンバスに描かれたSNSアイコンのような人形の肖像画が並んでいます。

《ICON》シリーズ

それぞれのアイコンは輪郭や表情がぼやけています。
性別や人種、LGBT、国籍など私たちが自然と置かれる環境に対して、人形を使った表現で問いかけているようです。

《ICON Ⅰ》50×50cm 2018年

役割や所属先によってカテゴライズされたり、強制されたりする個々のイメージを壊すような問いかけが作品によって行われているようです。

《ICON Ⅴ》50×50cm 2018年

作品は背景をアクリル、肖像部分を油絵の具で描いています。
POPなのに油絵というところも良いですね。至近で見ると絵肌が良い感じです。

《Bear》130.3×130.3 2018年 ミルクがクマに注がれているように見える不思議作品

人形劇のような作品は、ポップだけれど不穏な要素が含まれていて、奥行きを感じます。
人形の後ろ姿を描く中にも、不思議で不安を感じる何かが潜んでいます。

《Hair》91.0×72.7cm 2018年 
《DOLLs》162×162cm 2018年

  まとめ   

ぱっと見では大きな人形を描いたポップな作品と思われるかも知れませんが、人形を使って人間社会を風刺しているようなアプローチに面白さがありました。
「一見ポップ、だけど不穏」と言うアンバランスさの調和が取れているようです。作品もほぼ完売されていて人気作家さんのようでした。
常識人をモットーとする筆者的には、不穏さや風刺性をもっと強調しても面白そうなイメージを持ちました。
まだ藝大の大学院に通ってらっしゃるとの話しでした。これからのご活躍に期待です!

概要

森山亜希『ICON』
会場:

会期:2018年9月3日(月)~10月31日(水) 12:00~18:30
土曜・日曜・祝日休み(9/8、9/22、10/6、10/20の土曜はオープン)
Opening Reception:2018年9月8日(土)17:00~20:00

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Google +
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Translate »