Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Bur@rt

ぶらっとアート ~β版~ all you need is art

【News】「六本木クロッシング2019展」テーマは‘つないでみる’〜今津景、川久保ジョイ、杉戸洋など25組が参加!

六本木クロッシング2019展

「六本木クロッシング」は森美術館が3年に一度、日本の現代アートシーンを総覧する定点観測的な展覧会として2004年以来開催してきたシリーズ展です。
第6回目の開催となる今回は、シリーズ初の試みとして、森美術館の3人のキュレーター(椿玲子氏、德山拓一氏、熊倉晴子氏)のみで共同キュレーションを行い、1970〜80年代生まれを中心とした日本人アーティスト約25組を紹介します。

アンリアレイジ 《リフレクト》 2015年 綿 ※参考図版

「六本木クロッシング2019展:つないでみる」は、現代の表現を通じて見えてくる「つながり」に注目します。
情報通信技術など、さまざまなテクノロジーが加速度的に進化し、私たちの生活が便利になってゆく一方で、それに起因する新たな問題も浮かび上がっています。

価値観の多様性が認められるようになった一方で、オープンであるはずのインターネットが、特にSNSにおいて、意見や認識の同調や共感を助長し、逆説的に閉鎖的なコミュニティを生み出してしまう問題、偏った政治観によって引き起こされる軋轢や拡がり続ける経済格差など、さまざまな「分断」が顕在化しているようです。

こうしたなか、対極のものを接続すること、異質なものを融合すること、本来備わっている繋がりを可視化することなど、アーティストたちは作品を通じてさまざまな「つながり」を提示します。それらは現代社会に対する批評的な視点や発想の転換でもあり、「分断」と向き合う為のヒントとなるかもしれません。本展で生まれる新たな「つながり」か日本の「いま」に向き合うことのできる有意義な機会となることを期待します。

青野文昭 《なおす・代用・合体・侵入・連置「震災後東松島で収集した車の復元」2013》 2013年 収集物、家具、合板、アクリル系絵具、ほか 500×540×180 cm 所蔵:アラリオミュージアム・イン・スペース(ソウル) 展示風景:「あいちトリエンナーレ2013」 撮影:怡土鉄夫
万代洋輔 《無題》 (「蓋の穴」シリーズより) 2016年 Cプリント 84.8×105.5 cm Courtesy: TARO NASU, Tokyo
榎本耕一 《脳の居場所》 2017年 油彩、キャンバス 162×130 cm
林 千歩 《人工的な恋人と本当の愛-Artificial Lover & True Love-》 2017年 ビデオ・インスタレーション サイズ可変、4分(ビデオ)
平川紀道 《datum》 2018年 DLPプロジェクター、コンピューター、スピーカー サイズ可変
飯川雄大 《デコレータークラブ―ピンクの猫の小林さん―》 2017年 木材、蛍光塗料 400×540 cm 展示風景:「ゲンビどこでも企画公募2017」広島市現代美術館
目 《Elemental Detection》 2016 年 展示風景:「さいたまトリエンナーレ2016」旧埼玉県立民俗文化センター 撮影:衣笠名津美
竹川宣彰 《猫オリンピック:開会式》(部分) 2017年 陶製人形、木、鉄、陶製タイル、ガラス製タイル 95×421.3×302 cm 展示風景:「猫奥运:纪念虎二郎」オオタファインアーツ(上海)2017年 撮影:ボヨン・ドロン

 

参加アーティスト

アンリアレイジ
青野文昭
万代洋輔
毒山凡太朗
榎本耕一
花岡伸宏
林千歩
平川紀道
ヒスロム
飯川雄大
今津景
磯谷博史
川久保ジョイ
前田征紀
前谷開

佐藤雅晴
杉戸洋
竹川宣彰
田村友一郎
土屋信子
津田道子
佃弘樹
山内祥太

以上25組 ほか

概要

六本木クロッシング2019展:つないでみる
主催:森美術館
企画:椿 玲子(森美術館キュレーター)、德山拓一(森美術館アソシエイト・キュレーター)、熊倉晴子(森美術館アシスタント・キュレーター)
会期:2019年2月9日(土)― 5月26日(日)
会場:森美術館(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53階)
開館時間:10:00-22:00|火 10:00-17:00 *いずれも入館は閉館時間の30分前まで *会期中無休
入館料 : 一 般1,800円 、学生( 高校・大学生 )1,200円、子供(4歳〜中学生 )600 円 、シニア( 65歳以上 1.500 円 * 表示料金に消費税込 *本展のチケットで展望台東京シティビューにも入館可(スカイデッキを除く) *スカイデッキへは別途料金がかかります。

 

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Google +
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Translate »