Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Bur@rt

ぶらっとアート ~β版~ all you need is art

メニュー

【初の美術館個展】25歳の早世カリスマ作家〜中園孔二展「外縁-見てみたかった景色」@横須賀美術館

中園孔二

ランディローズやカートコバーン、尾崎豊のように、若かりし日にこの世を去った有能なアーティストがいます。彼らはカリスマとして偶像化され現在まで語り継がれていますが、日本の美術作家でも25歳で早世した優秀な美術作家がいることは最近まで知りませんでした。

彼の名は、中園孔二(1989~2015)。東京藝術大学に在籍して以降、25歳の生涯を閉じるまで、約500点の作品を制作発表。亡くなってからも、「Japanorama」(ポンピドゥー・センター・メス、2017)、「第7回モスクワ・ビエンナーレ」(国立トレチャコフ美術館、2017)など、重要な展覧会に出品を続けているのです。

今回は中園孔二さん初の美術館展覧会が開催されている横須賀美術館へ伺ってきました。

「外縁-見てみたかった景色」

中園孔二展のタイトル「外縁-見てみたかった景色」にあるように、中園孔二の作品は、自分が見てみたい景色を作品に投影しているそうです。出品数は約50点。少々ボリュームが少なく映りますが、作品内容の幅が広くて引き出しの多さに驚きます。

大作から小作品までサイズもバラバラですが、大きな作品のパワーが凄いですね。緑が好きということで、緑色を使った作品が多い印象でした。

良く見ると、見えなかった線が浮かび上がって来る作品も幾つかありました。

写真画像では分かりにくい色や線もあるので、肉眼で鑑賞することをオススメします。

生前のインタビューがありますので動画を貼っておきます。

型にはまらない作風と懐の深い表現力、色彩感覚、そしてなにより絵描きを楽しんでいる筆の躍動感が伝わってきて心に響きます。もっと描きたかったろうし、描かせてあげたかったなぁと寂しい気持ちにもなります。

過去にはジャケットカバーも制作されていたようですね。

初の画集が発売

初の画集が発売されました。今回の展覧会以外の作品も多数収録されていて中園ワールドを満喫できるでしょう!

概要

期間 2018年7月14日(土)~9月30日(日)
休館日 8月6日(月)、9月3日(月)
観覧料 一般310(250)円、高・大・65歳以上210(160)円
*谷内六郎館も観覧できます。*()内は20名以上の団体料金
*中学生以下無料、高校生(市内在住または在学に限る)は無料。
協力 小山登美夫ギャラリー

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Google +
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Translate »