Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Bur@rt

ぶらっとアート ~β版~ all you need is art

メニュー

【個展】井田幸昌(Yukimasa Ida)「Banquet」@なうふ現代(岐阜)

なうふ現代

東京都は離れた場所、岐阜の地で行われた井田幸昌個展「Banquet」に行ってきました。

直前に開催されたイギリスでの個展は大成功に収めたそうですが、日本国内では2017年唯一の個展です。以前からグループ展で出品されていた関係があったようで、その縁が個展開催に繋がっていったそうです。

筆者が訪問したタイミングは会期の終了直前。作品リストを事前に見たかったのですが、電話口に出てお話ししたギャラリーのオーナーさんから「そういった問い合わせが多いのですが、是非直接見て欲しいのでお送りしていないのです」とのこと。思い切って行くことにしました。

http://kobalog.jp/burart/nowfu-gendai-gifu/

井田幸昌展「Banquet」

東京から約2時間半掛けて到着したギャラリー。オーナーの方にご挨拶をして、早速展示物を見て回ります。掲出されているリストを見ると、既に作品の多くは購入されていました。しかし、岐阜のギャラリーに来る来場者が少ないのか、残り3割ほどの作品はまだオーナーが決まっていないという状態です。コレクターとしては非常にラッキーでした。

作品のプライスリスト
ギャラリー内に貼られてる作品リストには、赤いシールが沢山貼られていました。

作品

作品は0号サイズにも満たない小作品から100号の大作まで、ギャラリーの空間にフィットする、ほど良い数が出展されていました。その一方で、作品の販売が非常に好調のため、個展に合わせて用意された作品も複数あり、オイルがきちんと乾いてない状態の作品が幾つかありました。濃厚な油絵の具の香りも演出的で、心地良かったです。

さて、ギャラリー「なうふ現代」の入口を入ると、いきなりカラフルで奥深い「End of Today〜Flower」というタイトルの作品が出迎えてくれます。井田さんの特徴的なタッチのペインティングナイフが縦横無尽にキャンバスで踊っています。

「End of Today〜Flower」

その一方で対照的な「枯れた花」も離れた場所に。これも強烈な作品ですね。

「End of Today〜枯れた花」

奥に入ると古典のタイトルにもなっている大作「Banquet」です。

古典的なテイストなのに、緑の差し色が井田さん的で全体を引き締めてくれています。

Banquet作品写真
「Banquet」

 

広いスペースには人物画が綺麗に並んでいます。

「ポール・ゴーギャン」の肖像画
中央には「ポール・ゴーギャン」
「明治美人画」の作品
「明治美人画」
こちらは同一のオーナーさんが両方買われたようです。

とにかく、油絵の特徴的な盛り方、置き方、表現力は素晴らしいですね、天才!

他にもこんな作品が・・・。

「Line up in the Store」
「Line up in the Store」

 

人の顔を描く表現力の引き出しは底知れずに凄いわなー。

end of today〜self portrait

リアルだけど愛嬌のある豚さん😀

「a pig」
「a pig」

「1000の顔を描く」と言われたそうな小作品。じ〜っと見てたり、横から見たり、近くで見たりすると、作品が変化していくような感覚にトリップしていくようです。最も小さいこちらの作品で3万円という価格設定です。お値段的に手の出やすい設定でした。

その左の作品は「枯れた花」近くで見ると立体的で彫刻作品のようでセクシーさが感じられました。右手奥は奥様を描かれた作品だそうです。奥様もアーティストのようですね。

顔をテーマにした作品群
1号サイズの作品テーマは「顔」。色んな顔が並んでいましたが、購入された作品は一部倉庫行きになっているようです。

まとめ

非常に素晴らしい作品に出会うことが出来ました。

筆力が暴力的で狂気を感じるタッチかと思えば、繊細な色使いが垣間見られてどきっとする作品。一方ではデッサン力が高くて緻密に塗られた作品も。作家としての腕力を随所に見ることが出来ました。芸大を3浪して入学し、今も籍を大学院に置いているそうですが、何しろ28才という若さでこのような圧倒的作品を書き上げるチカラは将来性を感じます。

「久々に油の匂いを浴びて嬉しくなりました」とオーナーが言うように、アクリル絵の具全盛の時代に油絵の具を自在に操って創作するアプローチは、見ているこちらも楽しくなってきます。

塗り立ての絵の具がまだ固まっていない生乾きの作品は、新しい生命が呼吸をするような動きを感じるものでした。

東京から遠路足を運んで本当に良かったと、心から思える個展でした。

https://note.mu/burart/n/n7b6e5f537031

概要

井田幸昌個展 – Banquet –

会期 2017年10/21〜11/12
月曜火曜休廊

なうふ現代
岐阜県岐阜市なうふ坂14番
058-264-2920

Burart スコア

作品点数:★★☆
企画・構成力:★★★
レア(稀少):★★★
混雑:★
グッズ・作品購入:★★☆
コストパフォーマンス:★★★ ※無料
オススメ度:★★★★★ ※Exellent!!
※あくまでも筆者の主観です。作品の評価ではありません。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Google +
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Translate »